スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 梅雨はむくみやすい季節(゜o゜;)

梅雨はむくみやすい季節(゜o゜;)

2021.06.09

6月に入り、梅雨が来るのかと思いきや良い天気がつずいておりますね♪

気持ちいような、暑いような…私は、気温がこれ以上上がらないことを切実に祈っております(笑)

 

梅雨の時期は、むくみやすいことはご存知でしたか?

むくみと言えば、エステージのお客様のお悩みに必ず入っていても過言ではないほど女性のお悩み上位!!

そんなむくみが梅雨はより感じやすいとは…辛すぎる(T_T)

そもそもむくみとは

血管と組織の間で行われている水分の交換がうまくいかなくなり、細胞に余計な水分が溜まっている状態

通常、心臓から送り出された血液は栄養分を体中の細胞に届けると同時に余分な水分、老廃物を回収しています。

しかし、静脈は自力で血液を流すことが出来ないため、ふくらはぎなどの足の筋肉がポンプのような働きをすることによって血液を循環させていますが、運動不足による筋力の低下や、長時間同じ姿勢をとっていることで筋肉の動きが弱まると、“ポンプ”としての働きがうまくいかず、下半身に余分な水分が滞ることになります。

こうして起こるのが“むくみ”なのです。

一般的にむくみやすいのは、ふくらはぎの辺り

見ただけでむくんでいるとわかる場合は、約2キロも体重が増加するそうですよ(゜o゜)

 

いったいなぜ梅雨になるとむくみやすくなるのでしょうか?

もっとも関係しているのは湿気

人間の体は、常に37度ほどの体温に保とうとする機能が備わっています。

そのため、体内に熱がこもってしまわないように汗を蒸発させて、体温を下げようとするのですが、湿度が高いと、なかなか汗が蒸発しません。つまり水分の代謝がうまくいかなくなり、水分が溜まりやすくなってしまうのです。また、梅雨で家にこもっていることによる運動不足で筋力が低下し、血流が悪くなることでむくむことも。。

かと言って、水分を取らないことは×

水分不足を感じると、より水分を貯めようとしてしまう可能性がありますので適度な水分補給と適度な運動でむくみ予防を心掛けるといつもより快適な梅雨を過ごさるかもしれません(^^)/

また、ぬるま湯でもお風呂に浸かることで水圧がかかり、血液循環が良くなりむくみにくくなったり、塩分を控え汗や尿として塩分を排出する作用のある<カリウム>が含まれるバナナ、冬瓜、きゅうり、大豆類や、細胞内のナトリウム量を調節し利尿作用もある<マグネシウム>を豊富に含む海藻類を積極的に摂取することもむくみ対策にお勧めです(^_-)-☆

ジメジメだけでも気が滅入るこの時期、すこしでも快適に過ごせるように工夫してみて下さい♪

 

 


問い合わせ

問い合わせ