会社概要

TOP > ESTAGE JAPAN

理念・ビジョン

『輝く人創り』
『輝く人創り』
今に輝く人づくり

人の美と健康をつくる事業を通して、夢をかたちに、
輝きを未来に届けます。
磨く、鍛える、調える…(価値づくり)
強く、優しく、美しく…(人づくり)

ミッション(使命)
私たちは複雑化されたストレス社会を生き抜く、
美しく健全な心と体、生き方、生きる力を育てる
『新しい生活価値』を提供し、
ひとりでも多くの人が生きがいのある
楽しい人生となるよう
社会の健康美容の向上に努めます。
経営ビジョン
人の輝きで日本の未来を元気にします。
エステージジャパンは、いつまでも人の役に立ち、
人の力になれる会社で在りたい。

創業の精神

整体療法との出会い

お客様に心から「ありがとう」を頂く仕事がしたい。人の苦痛を解放できる仕事で、人の役に立てたらと思い、人のカラダにたずさわる仕事を選びました。私は幼い頃から野球をしていたのですが、現役時代には肩痛をはじめいろんなスポーツ傷害に悩まされてきました。高校の時、膝の痛みを抱え、病院で診断を受けましたが異常なし。しかし痛みはとれずに病院のはしごをすることになり、ある病院では「レントゲンでは異常ありません。たぶん半月板損傷でしょう。手術すれば痛みはとれますが、運動制限が加わり今までのようには動けないと思います。どうしますか?」私は、動けなくなるのでは意味がないと思い手術をしませんでしたが、レントゲンでは異常がないのに「たぶん・・・」で手術をすすめたドクターが信用できなかったのも事実です。

整体療法との出会い

あるとき、はじめて整体療法という治療を受けることになりましたが、ここで私は驚くべき出来事に出会うのです。今まで膝痛の私はどこへ行っても、当然のごとく膝ばかりに検査や治療をされてきました。しかし、ここでは、膝には一切さわらずに骨盤と背骨の矯正といわれるものをしたのです。なんとそれだけで痛みはとれてしまったのです。私はあれだけ悩んでいた膝痛がこれだけのことで・・・。しかも痛い膝にも触らずに取れるなんて・・・。驚きと、それとともに手術していたことを考えると私はゾッとしました。

無いなら創る

それからというもの、痛みがでたら整体療法のお世話になるようになりました。その頃から「こんな仕事ができたらいいな」と思っていました。それから私は少年野球の監督になり野球の指導にあたっていたのですが、やはり子供たちが痛みを訴えてくるのです。病院の診断では安静ということで、近くに腕のいい信頼できる治療院が無かったために休ませる以外方法がありませんでした。
その頃から「私が治せたらな・・・」と思い始めたのです。それと父親が糖尿病と腎臓病で入院生活を続けていましたので、それも治すことができたらと思い、整体術の道に進むことになったのです。「無いなら創る」そんな精神だったと思います。私が26歳のときです。私は「体の痛みや苦痛を抱えている人を早く楽にしてあげたい」そんな思いでこの仕事をはじめました。

心から「ありがとう」を頂く

またカラダを整える仕事なので、美容にも効果があるということも知るようになり、その需要も多いということも私にとっては大きな発見だったのです。綺麗になった人も人生が変わったようにうれしそうですし、体が楽になった人と同様に「ありがとうございます」と心から私に言ってくれるわけです。私は美を売ることも、癒し(治癒)を売ることも根本的なところは同じ、手をかけ、心に触れ「喜びを創る」事だと考え現在の事業を展開しています。エステージはelegant(優雅な、上品な)のEとステージの造語です。私たちの会社、お店は私たちのステージであり、またお客様にとってもステージであると考え、そのステージをエレガントなものにしようということからつけました。そのステージを日本全国にまでという思いで「エステージジャパン」を設立しました。これからこのステージを素晴らしいものにしていくにあったって、創業の精神である、①心から「ありがとう」を頂く。②人の役に立ちたい。③無いなら創る。を忘れず、社員の皆さんとともに幸せをつかむために、社会に無くてはならない存在になるために、精一杯努力し邁進してまいります。

心から「ありがとう」を頂く

経営に対する考え方

より素晴らしい人生を創るために

私は「より素晴らしい自分」との出会いが、「より素晴らしい人生」を創るのではないかと思います。自分の人生をどのようにしようか。何をしようか。どんな生き方をしようか。どんな人間になろうか・・・。人生という舞台をどのようにしようかと考えたあとは、こうしたい、ああしたい、こうなりたいという欲求に変わり、次いでは意志に変わります。その人生の主人公は自分自身であり、その人生というステージを輝く素晴らしいものにするのはもちろん自分次第です。私たちは人生の計画者になり、演出家になって登場人物や役割、ストーリーなどを決めて自分のステージを創っていきます。思いもよらないハプニングでつまずいたり、逃げ出したくなることもあるでしょう。また、一幕、一幕で成長している自分を感じることもあるでしょう。しかし人生という舞台には時間的に限りがあり、いつかは引退しなければならないということも私たちは知っています。その人生という大切な時間の多くを私たちは仕事に費やしています。睡眠時間を除いて一日の半分以上は会社にいるのです。その仕事にやりがいや、楽しみがなければ私たちの人生の輝きは少ないかもしれません。ですから自分の仕事にやりがいや楽しみを見つけることがとても重要であると考えます。

より素晴らしい人生を創るために
人の役にどれだけ立つか

人生の命題は「自己実現」であり、生きる目的は「人の役にどれだけ立つか」ということ。要するに、「人の役に立つということを通して私たちは自己実現する」と私は学びました。また、企業経営の命題は「永続性」であり、その目的は「顧客の創造と維持にある」とも教えられました。つまり私たちは人の役に立つことをすることで、自分の人生の重要なテーマを果たすことができるということ。そして企業経営は、お客様に必要とされ、多くのファンを獲得し、社会の価値ある存在になるから繁栄していくのです。仕事は人の役に立つからこそ報酬があります。人の役に立つということは自己実現できる価値あるものになります。仕事というものは、人生の重要なテーマを企業経営の目的と共に果たすことができるのです。仕事を生きる手段だけではなく、生きる目的の一つとして取り組むことができれば、やりがいや楽しみを必ず見つけることができるはずです。

私たちの生きがいの源

私はこう考えます。一人のお客様の喜び、笑顔が、その人を取り巻く多くの人に光を当てるとしたならば、私たちの一生懸命な仕事が、社会の小さな輝きを創っているということになるのではないでしょうか。そのことに自信と誇りを持ち、お客様の喜びが私たちの喜びとなり、その喜びが明日への活力となり、お客様と、そして働く同志と共に次のステージへと成長していくと考えるのです。それこそが、自己実現へのステップなのです。
企業経営においてお客様に感謝される喜びこそが、私たちの生きがいの源となります。生きがいとは、自分の生きている価値や意味を感じ、自分が必要とされているという自覚です。またその心が、ひとり一人の人生においての責任感であり使命感です。私たちは我が社の存在する意味を理解し、社会になくてはならない企業へと発展していきます。
「輝く人」「輝く企業」とは生きがいをもち、からだの中(風土)から美しさがにじみ出てくるような魅力ある人(企業)であり、積極的に美しい生き方(経営)をしている人(企業)です。常に喜びと感動を与え、人の心を魅了し、期待され、愛される人、企業をめざします。

私たちの生きがいの源

会社概要

社名 株式会社 エステージジャパン
代表者 代表取締役 片岡 雅博
所在地 福井県福井市高柳2丁目1304
創業 平成4年11月
設立 平成11年9月
資本金 10,000,000円
業種 健康美容業
事業内容 健康関連事業 美容機器販売 化粧品・健康食品販売
全身美容プロデュース エステサロン運営 整体サロン運営 スクール運営
経営理念
『今に輝く人づくり』
人の美と健康をつくる事業を通して、夢をかたちに、輝きを未来に届けます。
人が輝く価値づくり、「イキル」を楽しむ人づくり
取引銀行 福井銀行 福井信用金庫
取引企業 ドクターリセラ㈱/エターナル㈱/㈱ウエーブコーポレーション/
㈱ビプランツ/㈱美源堂/㈱桃源/㈱ウイズアス/
㈱ハッピー商事/近藤医療器/㈱CHARIS&Co/㈱BJC

沿革

1992年11月 あわら市旧金津町に整体サロン「ヘルスケア福井」をオープン
1997年3月 福井市中央に「ヘルスケア福井・福井中央店」をオープン
1999年9月 ㈲エステージジャパンを設立
1999年11月 「ヘルスケア福井・福井中央店」を福井市大宮に移転し
「エステージ福井店」をオープン。本社を「エステージ金津店(現あわら店)」とする。
2002年7月 「エステージ港のホテル店」をオープン
2003年7月 アドバイザードクターサロンの認定を受ける
2004年6月 鯖江市サバエシティホテル内にヒーリングサロン「エステージビュアシス」をオープン
2006年3月 「エステージ福井店」を福井市大和田町に移転して「エステージビューティスパ福井大和田店」をオープン
2007年3月 ジャパンボディYOGAビューティスタジオをオープン
2007年11月 営業統括本部として福井市高柳町に置き、美容機器販売を中心に
エステサロンプロデュース・スクール事業を展開
2007年12月 株式会社エステージジャパンに組織変更
2009年11月 「エステージビューティスパ福井大和田店」と「ジャパンボディYOGAビューティスタジオ」を統合してエステージビュアン(美癒庵)として福井市高柳町にオープン。
2010年1月 定額会員制システムを導入し、低料金痩身プラン「シェイプアップ専科通い放題」を発表。
2013年3月 ジャパンボディ・ヨガスタジオによるグループレッスン教室を閉鎖。
パーソナル指導にシフト。
2013年6月 気療整体(エナジックセラピー)、特殊造形美療術、火の呼吸YOGAから構成されている片岡式メソッドを「KATAOKA式美療矯正」と名称をまとめる。
2014年1月 進化系整体エステティック 美療矯正サロンとして準備をスタート
2014年11月 店舗サブタイトルを変更統一して
『美療矯正 エステージビュアン店』
『美療矯正 エステージあわら店』とする。
2016年 本社を「エステージビュアン店」とする。
2020年 Adjustment Beauty ESTAGEと
サロンコンセプト改正新メソッド
女性のための新感覚ボディセラピー
toto-now【トトノウ】を発表
  現在に至る

代表挨拶

株式会社エステージジャパン 代表取締役 片岡雅博
KATAOKA式エステージメソッドは進化し続けています
私は、腰痛をはじめとするカラダの痛みや不調の改善を目的にサロンワークをスタートしました。その技術や知識を全身美容に応用し、研究と改良を重ねて独自の「美療矯正法」として公開しております。
骨格矯正には筋肉調整が必要であり、筋肉調整は緊張緩和が重要です。また、カラダの緊張は心と連動しているので、その点を視野に入れた考え方でKATAOKA式はカラダを考察していきます。女性のお客様が多いので矯正に痛みが伴わないようにしてきたのも、緊張緩和には重要なヒントにもなっております。
現在は、整体美療、美脚美療、痩身美療、造形美療、小顔美療として、お客様のコンプレック解消にご好評いただいておりますし、これからも「安全」で「効果の高い」技術として、さらに進化してまいりますので、安心してご利用いただけることを願っております。
美療矯正の考え方として、外見の美しさを目指して健康なカラダづくり、自分づくりがあります。

そして、美しく整ったカラダを理想として、それを基準に歪みや捻じれがある場合はその人のカラダに何らかの問題が隠れていると推測します。その人の姿勢には生き方や性格が現れるとも考えています。
美しいカラダ、美しい自分をつくるには「生きる姿勢」が重要であるという観点から、「磨く」、「鍛える」、「調える」KATAOKA式エステージメソッドはお客様のお役に立ってまいります。
お客様が体験されるものは「新しい自分との出会い」、「充実した楽しい時間(とき)」、そして「大切にされている実感」であり、「心のこもったサービス」です。私たちはお客様の「笑顔」と「ありがとう」のために誠心誠意で心から喜んでいただける商品・サービスを提供します。

株式会社エステージジャパン 代表取締役 片岡雅博

店舗情報

エステージビュアン
Adjustment Beauty
エステージビュアン
〒910-0803
福井県福井市高柳2丁目1304
TEL.0776-53-9555
FAX.0776-52-6223